Waldorf ブログ

講習会

Top     Class     Felt・Original doll   Info 

            

フェルトのおくるみに包まれて。
赤ちゃん人形、ラッセ。

   Waldorf doll
    ウォルドルフ人形 と
 スウェーデンひつじの詩舎のお人形

ウォルドルフ人形は ドイツの思想家
ルドルフ・シュタイナーの教育理念を大切に考えてつくられたお人形です。
子どもが遊ぶためにとてもよく考えられています。

一般社団法人スウェーデンひつじの詩舎の佐々木奈々子氏が
カーリン・ノシュツさんの著書を訳し、
日本に伝えて広く知られるようになりました。

自然素材(羊毛など)を使ってつくります。
もう一人の私である、分身としての役割と、
あたたかく、優しく、安心できる存在、お母さんに
ぎゅーと抱きしめられている、そんなさわり心地のお人形です。

丁寧につくる過程は、つくりて自身が癒され、満ち足りた気持ちにも
させてくれます。
出来上がったお人形は、思わず抱きしめて頬すり寄せてしまいます!

また、社会で活躍しているお母さん方が多い今の時代、

お仕事しているお母さんの帰りを待つ間、
このお人形が、寄り添ってくれることを願っています
。 

カーリン・ノイシュツ著
佐々木奈々子訳
 文化出版局






























娘につくったお人形です。
大きな手になりました。

リネンと羊毛の布フェルトのサマージャケット

いずれも
佐々木奈々子著 
文化出版局

残念ながら絶版になりました

そして、興味を持って頂いて、もっともっと多くの子ども達に手渡されるようつくっていただければ幸いです。
ウォルドルフ人形と、奈々子氏の洗練された羊毛の手仕事に会った瞬間、
いつしか離れてしまっていたものが、「あーここにあった!」と。
どこか懐かしくてそれでいて新しいこの世界にどっぷりつかって創り続けた
ものの中からいくつかご覧頂きたいと思います。
同じく、スウェーデンひつじの詩舎元主宰 佐々木奈々子氏の美しい
手仕事にも心奪われました。
お人形の素朴な可愛らしさに私自身が魅かれ、夢中でつくり続ける中で、
羊毛という可能性を秘めた奥深い素材のとりこにもなりました。
まずは息子と娘にひとつずつ。
そして羊毛を詰めてつくる抱き人形に出会ったのです。
初めましてのご挨拶もそこそこに、いきなり抱きしめてしまいました。
子どもが小さい頃、シュタイナー教育を知りました。

本物のきのこ
フェアリーリングになっています

フェルトの人形、不思議の国のアリスのイメージで

羊毛しごと ご一緒しましょ 

ロバのバー様とはいつも一緒。
ママお手製の毛糸のバッグに入れて。

ママはホントはお裁縫は苦手だったのよ。
でも、私の為にとってもいかわいい子をつくってくれたよ。 
いつも自慢しているの。

これらの本を参考にスウェーデンひつじの詩舎講師(ぱたぽん)の私がつくったお人形たちです。

ハートの赤ちゃん

ワードローブ
幼い頃に母がつくってくれた服と同じデザインになってしまいます。

秋の気配 マリヤと一緒に

スプーンおばさんのイメージで、しましま・・・...
コーンカップ人形はどこでも人気です。

小さいサイズ(20センチ)
ヴァドマルのリュックとブーツです

サンタのポシェットを下げて。
クリスマスの頃に。

お子さんたちの風景

ごっこ遊びに夢中